当たって届いた。

週1で新聞に掲載されてるパズルクイズに応募したらJCBギフトカードが当選。
1万円分。1000円券×10枚。

何年にも渡って毎週応募してるので、それに使ったハガキ代のほうが1万円超えてるんじゃない?などという薄ら寒くなる現実は考えないようにしてw

当たったことだけを純粋に喜ぶ。

で、親に半分渡そうとしたら頑なに断られた。
ヤダわ、遠慮しちゃって逆に面倒臭い。

パズルをせっせと回答してるのは親で、私はハガキ書いてポストに入れてるという共同作業なんで分け前的な発想があったんだけど。

なので皆で食べれるようにお菓子を買って来ようと思って、スーパーで使えるお店を検索したところ、寒々しい程遠いい。
部屋にいても寒いもんね、2月の北海道だしね、普段からちょっとした買い物難民だからね・・・
それにスーパーってレジがセルフ化してたり、バーコード通す所と会計する所の2段階に分かれてる所が増えてるし、そこでギフト券出すとか後ろにお客さん並んでたら迷惑だしね・・・

ってところまで書き連ねて思い至ったわ。

別にギフト券で無理に食品買おうとしなくても良くね?と。

券は券で自分のものを買って、お菓子は普通に現金で買って親に渡して一緒に食べればいいんじゃんって。

せせこましい話やのー。
当たったらもっとキャッキャするかと思ってたわw

2018/02/12(月) | 懸賞・貰い物 | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  |